So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【DNA SLIM】で5つの肥満遺伝子を知る

【DNA SLIM】爪遺伝子分析キットで知ることができる肥満遺伝子についてご紹介しますね。


【DNA SLIM】では5つの肥満遺伝子を分析します。

FTO遺伝子(2種類)・ADRB3遺伝子・UCP1遺伝子・ADRB2遺伝子

それぞれどんな遺伝子なのか簡単にご紹介しますね。

FTO遺伝子とは脂肪量と肥満に関係している遺伝子で、
「高カロリー嗜好派タイプ」の遺伝因子です。
ファストフードのような高カロリーな食事が好きな人に多いようです。

ADRB3遺伝子は、内臓脂肪のつきやすさと相関関係が認められる遺伝子です。
「内臓脂肪型肥満の」発症の遺伝因子で、リバウンドしやすい傾向があります。

次にUCP1遺伝子。皮下脂肪のつきやすさと相関関係が認められる遺伝子で、「皮下脂肪型肥満」発症の遺伝子。下半身に脂肪がつきやすい方は、この遺伝子が影響しているのかもしれません。

そして、ADRB2遺伝子は、筋肉のつきやすさと相関関係が認められる遺伝子で、「筋肉がつきにくく、一度太りだすとやせにくい」という特徴があるそうです。


公式サイトには、さらに詳しい情報が掲載されています。
ご覧になってくださいね。

話題のダイエットプラン【DNA SLIM】は画像をクリック
▼ ▼ ▼ ▼ ▼



Copyright © 爪で肥満遺伝子を調べるキット「DNA SLIM」 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。